• TOP
  • NEWS
  • <ねむりのコラム No.18>
    敷寝具の選び方

NEWS

NEWS NEWS

<ねむりのコラム No.18>
敷寝具の選び方

敷きふとんやマットレスといった大物敷寝具は、ライフイベントに合わせて購入する方が多いと思いますが、皆さんは、どんなふうに選んでいますか?

かつて、ある人が腰痛を訴えていて、泊まりに行くたびスーツケースにベニヤ板を潜ませていたといい、整体の先生から、敷寝具は硬い方が良いと言われたのだとか。
さて、本当に腰痛で悩んでいる方には、硬いものが良いのでしょうか。
答えはというと「一概には言えません」。
やわらかすぎる敷寝具では重い腰が沈み込み、結果として腰だけが落ち込んだ「くの字の寝姿勢」になると、身体に負担がかかってしまいます。
整体の先生が言いたかったのは、おそらく腰が落ち込むほど、やわらかいものは良くないということであって、ただむやみに硬いものを薦めていた訳ではないはずなのです。

自分に合った敷き寝具を選ぶには、枕と同様にフィッティングが大切です。
1)はじめに、ふだんおやすみになる姿勢で横になります。
2)しっくりと、ふだんの寝姿勢がとれたところで目を閉じます。
3)体全体に違和感がないかどうかを確かめます。
4)最後に、その姿勢から寝返りを左右に打って、スムースに寝返ることができるかを確認します。

ポイントは「違和感」。これが、合わない時のサインです。

弾力がありすぎて安定感がなかったり、腰や肩などに若干強いあたりを感じたり、ウエストや背中が少し浮いていたり、すっぽりとおさまったら寝返りするのに大きな力が必要だったりという様々な違和感=ちょっとした変な感じは、一晩寝ても同じように気になるものです。
逆に、何だかわからないけど楽だなとか、自然な感じで力を抜きやすいなと思えるものが、おすすめです。
今お使いの敷き寝具でもぜひ試してみてください! 今の敷き寝具、本当に合っていますか?