• TOP
  • NEWS
  • <ねむりのコラム No.56>
    社会の時間と身体の時間

NEWS

NEWS NEWS

<ねむりのコラム No.56>
社会の時間と身体の時間

わたしたちの身体のリズムは、意外なものから影響を受けています。
実は、朝の何気ない会話が、1日のはじまりのリズムを整えてくれていることがわかってきました。朝、人と会話をすることで、わたしたちは多くのメリットを得ているのです。

ひとつは、覚醒度が上がること。
人の話しを一方的に聞くだけのときには、時々眠気が起こりますが、話す方の側が居眠りをすることはありませんね。人は、積極的に話すことで目が覚めます。
イギリスのアフターヌーンティーの習慣は、お茶をしながら会話を楽しむというもので、午後の眠気を避けるために、とても有効な方法なのです。
紅茶にはカフェインが含まれているため、会話との相乗効果によって覚醒度が上がるというわけです。日本の三時のおやつも、それに似ていますね。

もうひとつは、「社会的接触」により身体のリズムの調整が行われること。
人とかかわることを「社会的接触」といいますが、社会的接触は体内時計の調節に大切なことがわかってきています。
社会的接触は、海外での時差ボケの解消に役立つことが知られています。現地時刻に合わせて食事をとったり、外に出で日光を浴びるだけでなく、人と接触することもとても重要です。
人ごみの中にいるだけでなく、会話をすることでより有効になります。

逆に、社会と関わりがもてなくなることで、わたしたちは身体のリズムを乱してしまうことも問題です。
不登校の学生や独居老人の方も、社会的接触が充分行われず、身体のリズムを崩し、精神的にも肉体的にも健康から遠のいてしまうことがわかっています。
人間は群れで生きている動物です。
健康は、社会との関係性にも左右されるのですね。